カテゴリー
データで見る航空関連資料

グラフで見る各航空会社の従業員人数の比較

CC BY David Mckelvey
CC BY David Mckelvey

JAL、ANA、と新規航空会社(スカイマーク、エアドゥ、スカイネットアジア、スターフライヤー、アイベックスエアラインズ)のパイロット、客室乗務員(キャビンアテンダント)、整備員、地上職員の人数をグラフで比較できるようにしました。
各人数については2009年3月末のものですが、一部時期が異なるデータを使っている部分があります。
人数については公表されている値を使っており、関連企業、派遣社員、契約社員、アルバイトなどの人数がどこまで含まれているのかは不明です。

JAL,ANAと新規航空会社では規模がかなり違うので、スケールを変えてあります。
 

各航空会社の従業員人数の比較

JALとANAの従業員人数の比較

JALとANAの従業員人数の比較
 

新規航空会社の従業員人数の比較

新規航空会社の従業員人数の比較
 
他にも小さい航空会社や貨物専門の航空会社があるのですが、とりあえず各職種の人数を合計すると、
パイロット約6800人、客室乗務員約16500人です。
整備員は関連会社として他にかなりの人数がいて、その数を合わせるとJALだけで7000人を超えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。